かわいいおチビちゃんたち

事務所の近くに「がじゅまる木保育園」という保育園があります。朝のお散歩時間になると、事務所の前を保育士さんに手を引かれた子どもたちが通り過ぎるのですが、見かけたときは「かわいいなぁ」と思いながら眺めています(笑)。まだ歩けない年齢の赤ちゃんは、保育士さんにおんぶされてお散歩してるんですが、もう本当にかわいくて、自分の子どもたちが小さかった頃を思い出します。
たまに「2~3歳の頃に戻ってくれへん?(笑)」と娘に言うのですが、答えはいつも「無理(笑)」。まぁ当たり前です。特に最初の子どものときは、何もかもが初めてのことで、いろいろ悩んだりテンパったりもしてたんですが、比較的まともに育ってくれたんじゃないかと思います(笑)。

ところで、私の母が今の私の年齢の頃には、すでに孫がいたんですよね……。私も欲しいなぁ(笑)。
保育園

音痴

前の記事

上手いは正義
梅の花

次の記事

梅薫る季節